ファンタスティックビースト、グレイブスの人物像や評判を解説!

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016)」では、最強の闇払いといわれていたグレイブス。

「グレイブスってどんな人物?正体は?」
「彼の生死はどうなっているの?」
「視聴者の評判や気になるのはどんなところだろう?」

 

こんな疑問を持った方も多いのではないでしょうか。

今回は、ファンタスティック・ビーストに登場するグレイブスに注目して解説します。

最後まで読むことで、グレイブスの人物像や視聴者が感じた疑問点、SNS上での評判が分かります。

ファンタスティック・ビーストを見る際の見どころの1つにもなるでしょう。

本編を見る前に、ぜひご活用ください!

※以下、ネタバレを含むのでご注意ください!

ファンタスティック・ビーストのグレイブスとは?

最強の闇払いと言われるグレイブスは、杖がなくても魔法を使える優秀な魔法使い。

作品内では、優雅な服を着た姿がダンディーで、権威性のある風貌が特徴的な人物です。

また、魔法保安局長官であり、アメリカ合衆国魔法議会(MUSUCA)の魔法法執行部部長として働いていました。

ファンタスティック・ビーストのグレイブスを演じた俳優は?

グレイブスを演じた俳優は、コリン・ファレルです。

彼は、アイルランド出身の45歳(2022年4月時点)。

2000年に「タイガーランド」で主演を務め、2002年には「マイノリティ・リポート」でトム・クルーズと共演し、ハリウッドでの知名度が拡大。

そして、2006年の「マイアミ・バイス」が大ヒットしました。

なお、2008年に公開された「ヒットマンズ・レクイエム」では、ゴールデングローブ賞(映画部門)で主演男優賞を受賞。

「S.W.A.T.」や「トータル・リコール」のような有名作にも出演しており、彼が演じる悪役は多くの視聴者に評価されています。

ファンタスティック・ビーストのグレイブスの声優は?

コリン・ファレルが演じるダンディーな風貌のグレイブス。

そんな彼に対し、さらに色気を加えているのが吹き替えの声でしょう。

グレイブスの吹き替えを担当している声優は、津田健次郎さん。

人気が根強い売れっ子声優さんのため、これまで担当してきた出演作品は多数あります。

代表的な作品としては、ONE PIECEのヴィンスモーク・ヨンジ(サンジの弟)やテニスの王子様の乾貞治、呪術廻戦の七海建人などが有名です。

ファンタスティック・ビーストのグレイブスの正体

グレイブスの正体は、実はグリンデルバルドだったことが明らかになりました。

1作目に登場した彼は、闇の魔法使いグリンデルバルドが変身術で化けた姿。

グリンデルバルドは「オブスキュラス(魔法族の子どもたちの抑圧された力)」を使い、街の破壊を計画します。

そのためにグレイブスの職務と立場を利用していました。

グレイブスは生きてるのか?を考察

グリンデルバルドが化けていたことが分かりましたが、本物のグレイブスの所在はどうなっているのでしょうか。

映画内では特に言及されていないので、気になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは「グレイブスは生きているのか?」について、考察していきます。

映画を見ても生死は不明

映画では、グリンデルバルドがグレイブスに変身した後から始まります。

グリンデルバルドが囚われた後、本物のグレイブスが登場するシーンもなかったことからも、彼の生死は不明だと言えます。

ただ、最強の闇払いと言われていたグレイブスに化けていたことを考えると、攫われたか殺害された可能性が高いでしょう。

そう考えると、グリンデルバルドはかなりの実力者と言えるかもしれません。

ポリジュース薬は使われていなかった

ポリジュース薬は、別の生物の外見に変身する効果を持つ魔法薬です。

実は「ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2006)」にも似たシーンがありました。

ヴォルデモートの復活に手を貸す魔法法執行部バーテミウス・クラウチの息子クラウチ・ジュニアが有名な闇祓いマッド・アイに化けています。

本物のマッド・アイは、服従の呪文をかけられて監禁されていました。

同じ考え方をするならば、グレイブスも監禁されたか、ポリジュース薬で化けていたのかもしれない、と予想する方もいるでしょう。

しかし原作者のJ.K.ローリングは、以下のように語っています。
「ポリジュース薬ではありません。グリンデルバルドの変身術は多くの魔法使いを超えていますから、薬ではなく呪文を使ってグレイブスの外見を手に入れたのです」。

この発言を聞く限り、グリンデルバルドは呪文を使っていたことが分かりますが、グレイブスの生死については断定できないでしょう。

視聴者のグレイブスに対する評判

グリンデルバルド扮するグレイブスに対する評判は、SNSでも多くありました。

親しい仲だったダンブルドアが気に入っていたニュートに興味を持ちながら、影響力を強める姿に感慨深さや恐怖を感じる方もいたようです。

ダンディーな風貌や「君は特別だ」「君にしかできない仕事だ」といった言葉をクリーデンスへ投げかける姿に魅了された視聴者もいました。

また、今後の作品に登場する期待の声も挙がっています。

ファンタスティック・ビーストのグレイブスに関するQ&A

映画内では、本物のグレイブスは登場しないため、疑問が多い人物です。

ここでは、グレイブスの強さと続編に登場する可能性について紹介します。

グレイブスの強さはどのくらい?

本物のグレイブスは登場しないので断定できませんが、杖がなくても魔法を使えることから、相当強かったと予想できます。

そんな彼にグリンデルバルドが化けていたことを考えると、最強の闇祓いでも敵わない相手だったと言えるでしょう。

グレイブスは続編に出てくる?

本物のグレイブスが今後登場するのかも気になるところ。

グレイブスを演じたコリン・ファレル自身は、今後の出番について「予定がない」と明言しています。

また、1作目の公開直後に行われたインタビューでも言及されていました。
この件については、プロデューサーも「続編に登場する予定はない」と語っています。

まとめ

今回は、ファンタスティック・ビーストに登場する「グレイブス」を紹介しました!

グレイブスは、杖がなくても魔法を使える優秀な魔法使いです。

演じたのは、有名作をはじめ多くの作品に出演しているコリン・ファレル。

吹き替えを担当したのは、津田健次郎さんでした。

映画を見るとグレイブスは、グリンデルバルドが化けた姿だったことが分かります。

本物の彼の生死は明らかになっておらず、視聴者の間で多くの憶測を呼びました。

また、SNSでもグレイブスに対する評判は多く、風貌や言動など視聴者を惹きつける要素も感じられるでしょう。

本記事で解説した内容を参考に、ぜひファンタスティック・ビーストを楽しみながら見てください!

「ファンタスティックビースト」シリーズを一番お得に見られるのは、1か月間のお試し期間があって、600円分のポイントがもらえるU-NEXTです。

本記事で紹介した部分にも着目いただきながら、ぜひ楽しんでみてください。